不動産選びで失敗しないために│優先する要素と妥協する要素を決める

  1. ホーム
  2. 債務者に有利な形で

債務者に有利な形で

家の模型と硬貨

不動産市場と専門業者

福岡では、リストラなどの事情で住宅ローンを返済できなくなった人の多くが、住宅の任意売却を選択しています。なぜなら現在の福岡では、中古住宅の需要が高まり、売り値がやや高くても購入するという人が増えているからです。任意売却を選択しなかった場合には、通常は融資していた金融機関が、不良債権の処理のために住宅を競売にかけることになります。これにより住宅は、本来の7割ほどの価格で買い叩かれてしまいます。しかし福岡では任意売却により、適正価格やそれを上回る価格で住宅を手放すことが可能となっているのです。加えて福岡には、任意売却の専門業者が多く、債務者はその手を借りながらスムーズに任意売却を進めていくことができます。具体的には専門業者は、福岡はもちろんその周辺地域でも、住宅の購入希望者を探します。独自のネットワークを活用して広範囲で住宅のアピールをするので、その分良い条件で買い取る人が見つかりやすいと言えます。ただし任意売却をしても、住宅ローンの残高によっては、多くの債務が残る可能性があります。そのような場合には専門業者は、残債の返済方法や返済期限について、債務者の負担を減らすよう金融機関と交渉します。これにより債務者は、生活が苦しくならないようなペースで返済できるようになるのです。このように福岡では、不動産市場の現状からも、専門業者の手助けがあることからも、債務者にとって有益な任意売却ができるのです。